DOWNLOAD

無期限・無償・フル機能 Developer Edition

SAP SQL Anywhereの無償ソフトウェアをお試しいただけます。 修正パッチは有償サポート契約を締結されたお客様専用ページよりダウンロード可能です。

SAP SQL Anywhere 無償 Developer Edition

製品名 SAP SQL Anywhere
バージョン 17.0 16.0
言語 日本語版
対応OS Windows版 (Windows x86, x64, Mobile, Windows CE, etc. Android含)/ Linux版/Mac版(iPhone含)
Edition Developer Edition 
用途および有効日数 開発・テストに限り無償で無期限使用可能。 実運用環境への適用には別途ライセンスの購入が必要です。
備考 ■Editionについてはこちらをご参照ください。 
■ご使用にあたっては、登録途中に表示されるSQL Anywhere Developer Editionライセンス条件をご確認ください。
■ウィザードに従ってインストールするだけの簡単インストールです。
■スタンドアロンで稼働するdbengとサーバーとして稼働するdbservがあります。
■デフォルトでは接続数は3に設定されています。Developer Edition の契約の範囲で25まで変更可能です。接続数を25に変更する方法や、それ以上でお試しされたい方はこちらよりご連絡ください。
「初めてのSQL Anywhere (version 12ベース)」データベースサーバーの種類/サンプルデータベースの起動と停止/管理ツール
チュートリアル(SQL Anywhereデータベースの作成)) もご参照ください。
■バックアップやリカバリについてはこちらをご参照ください。
マニュアルはこちらをご参照ください。
■デフォルトの設定では、他のアプリケーションとの混在を考慮し、最小限のリソースで稼働します。
データベース専用サーバーマシンなどで大規模にお試しされる場合には、TPC-Cベンチマークで使用されている以下の設定を参考にしてください。
– 動的キャッシュサイズはベンチマークのウォームアップフェーズで最大キャッシュワーニングに達するようオフに設定
– ベンチマークレポートの期間に先行して最速のウォームアップに達するようサーバのマルチプログラミングレベルを500に固定
– コネクションごとにキャッシュするプランの最大数をデフォルトの20から100に拡大

*登録されるとメールでDeveloper Edition のインストールキーが送信されます。version 16 以前のバージョンでは、インストールキーを入れずにインストールすると、60日間評価版として使用できます。

*version 17より、インストールキーを入れずに入力すると、Developer Edition として機能します。

ダウンロード