SOLUTIONS

製造業調達管理 / 物流ソリューション

部材の納入から完成品の出荷までをコントロール

製造業における部材の入庫処理/入庫実績管理のみならず、部材入庫から完成品の出荷検品に至るまで、現品の動きに合わせた一元的な管理を可能にします。

部材発注部門と受入部門の情報共有

  • 発注部門担当者がサーバ上のSQL Anywhere(旧Adaptive Server Anywhere)または他社製データベース*に納入予定を登録。
  • 受入担当者は専用端末などの上のSQL Anywhere for CEからサーバ上のデータベースと同期を取り納入予定を確認。バーコードリーダで納品書をスキャンして製品画像を表示し、納入数を入力すれば入庫処理完了。
  • 入庫処理完了後、再びサーバ上のデータベースと同期を取り入庫実績を報告。発注側ではただちに入庫状況を確認可能。

*ODBC準拠RDBMS

 

部材入庫から出荷検品まで一元管理

  • 生産管理部門はサーバ上のSQL Anywhere(旧Adaptive Server Anywhere)または他社製データベース*上に納入予定データ/出荷指示データを登録。
  • 部材入庫から完成品入庫、出荷検品に至るまでの各段階で製品をスキャン、専用端末などの上のSQL Anywhere for CEからモバイルリンクサーバ経由でサーバ上のデータベースと同期。
  • 端末側からデータベースへのアクセスは、WAN/LAN/ダイヤルアップに対応。

 

SQL Anywhere が選ばれるポイント