SQL Anywhere のサイレント・インストールおよびサイレント・アンインストール

SQL Anywhere アプリケーション、SQL Anywhere マニュアル、および SQL Anywhere Monitor をサイレントにインストールおよびアンインストールするには、以下の情報を参照してください。

SQL Anywhere アプリケーション、SQL Anywhere マニュアル、および SQL Anywhere Monitorのサイレント・インストールおよびサイレント・アンインストールは、以下の Microsoft Windowsオペレーティング・システムでサポートされています。

* Microsoft Windows 2000 Server
* Microsoft Windows 2003 Server
* Microsoft Windows 2008 Server
* Microsoft Windows XP
* Microsoft Windows Vista

Microsoft Windows Vista および Microsoft Windows 2008 Server オペレーティング・システム上で SQL Anywhere アプリケーション、SQL Anywhere マニュアル、および SQL AnywhereMonitor をサイレントにインストールおよびアンインストールするには、管理者権限が必要であり、なおかつ昇格モードで動作している必要があります。さらに、SQL Anywhere を配備する権限がライセンス契約の条項で定義されている必要があります。

サイレント・インストールではユーザによる入力の必要がないため、ユーザはインストールが行われていることに気付きません。

SQL Anywhere インストール・パラメータ

Microsoft Windows オペレーティング・システム上では、インストール・プログラムが SQLAnywhere の setup.exe インストーラを呼び出し、SQL Anywhere アプリケーション、SQLAnywhere マニュアル、および SQL Anywhere Monitor をサイレントにインストールするように構成することができます。setup.exe は、SQLANY32.msi および SQLANY64.msi ファイルと同じディレクトリに配置されています。ただし、SQLANY32.msi および SQLANY64.msi ファイルの親ディレクトリ内にある setup.exe ファイルは、サイレント・インストールをサポートしません。
setup.exe インストール・ファイルを使用して SQL Anywhere をサイレントにインストールする場合、以下のパラメータを指定できます。

* /L:language_id
インストールの言語を指定するロケール番号。以下のロケール・コードがサポートされます。

o ID 1033 – U.S. English
o ID 1031 — German
o ID 1036 — French
o ID 1041 – Japanese
o ID 2052 – Simplified Chinese.

* /S
初期化ダイアログを非表示にします。このオプションは /V とともに使用します。

* /V
Microsoft Windows Installer のパラメータ

* REGKEY
有効なソフトウェアのインストール・キー

* INSTALLDIR
ソフトウェアのインストール先のパス

* DIR_SAMPLES
サンプル・プログラムのインストール先のパス

* DIR_COMMONDOC_SQLANYWHERE_MONITOR
SQL Anywhere Monitor ファイル
のインストール先のパス。このパラメータは、開発およびテスト用の SQL Anywhere Monitor をインストールする場合に指定します。運用版の SQL Anywhere Monitor をインストールする場合は、このオプションを指定しないでください。通常、SQL Anywhere Monitor は、SQL Anywhereアプリケーションと異なるサーバ上にインストールします。

* USERNAME
インストールを実行するユーザの名前

* COMPANYNAME
インストールの責任を負う会社の名前

SQL Anywhere のサイレント・インストール

SQL Anywhere をサイレントにインストールするには、以下のようなコマンドを実行します。

d:\software\sqlanywhere\setup.exe /l:1033 /s “/v:/qn
REGKEY=PEPEV-E96QE-A4000-00000-00000 INSTALLDIR=c:\sa11
DIR_SAMPLES=c:\sa11\Samples USERNAME=\”John
Smith\”COMPANYNAME=\”Smith Holdings\””

バックスラッシュ文字は、内部の引用符をエスケープするために使用します。

SQL Anywhere マニュアルのサイレント・インストール

SQL Anywhere マニュアルをサイレントにインストールするには、以下のようなコマンドを実行
します。

d:\software\documentation\setup.exe /l:1033 /s “/v:/qn”

SQL Anywhere Monitor のサイレント・インストール

SQL Anywhere Monitor をサイレントにインストールするには、以下のようなコマンドを実行し
ます。

d:\software\Monitor\setup.exe /l:1033 /s “/v:/qn
REGKEY=PEPSM-AAAAA-BC000-00000-00000 INSTALLDIR=C:\sa11
DIR_SQLANY_MONITOR=C:\MONITOR
USERNAME=\”John Smith\”
COMPANYNAME=\”Smith Holdings\””

  * DIR_SQLANYWHERE_MONITOR
SQL Anywhere Monitor ファイルのインストール先
のパス。このパラメータは、運用版の SQL Anywhere Monitor をインストールする場合に指定します。通常、SQL Anywhere Monitor は、SQL Anywhere アプリケーションと異なるサーバ上にインストールします。

コマンドの実行後、コンピュータが再起動されます。

SQL Anywhere の製品コード

SQL Anywhere アプリケーション、SQL Anywhere マニュアル、および SQL Anywhere Monitorをサイレントにアンインストールするには、以下のいずれかの製品コードを指定する必要があります。

* SQL Anywhere software – ECE263B0-6C8B-404C-B4AC-8FAB1C87AB4A
* SQL Anywhere documentation (English) – E306E26C-DE4C-4E69-9A5F-F9F8BB240F33
* SQL Anywhere documentation (German) -
BD26A2B3-7D29-4A37-90F4-AB58BDAB6E3C
* SQL Anywhere documentation (French) – 2CF9CF3D-1135-4D32-86B6-2EEB1906ACC1
* SQL Anywhere documentation (Chinese) -
75AEE8B8-0F7E-4D18-AE8A-E3F29A9693A7
* SQL Anywhere documentation (International) -
870D21E9-2810-49CA-B7C4-8CCE9FDE8547
* SQL Anywhere monitor – 71875214-442C-40FA-83BA-F6A5F1A7AF25

SQL Anywhere、SQL Anywhere マニュアル、および SQL Anywhere Monitor のサイレント・
アンインストール

SQL Anywhere、SQL Anywhere マニュアル、または SQL Anywhere Monitor をサイレントにアンインストールするには、以下のコマンドを実行します。

msiexec.exe/qn/uninstall {SQL_Anywhere_Product_Code}

qn スイッチを指定することにより、一連のユーザ・インタフェースが表示されなくなり、コマンドがサイレントに実行されます。

Microsoft Windows Vista オペレーティング・システムおよび Windows 2008 Server では、最初にコマンド setup.exe /S /X を実行し、昇格モードで Microsoft Windows Installer を呼び出す必要があります。さらに、SQL Anywhere のマニュアルまたはソフトウェアの setup.exe ファイルの正確な位置も指定する必要があります。

サイレント・インストール問題の解決

SQL Anywhere アプリケーション、SQL Anywhere マニュアル、または SQL Anywhere Monitorのサイレント・インストール中に発生した問題を解決するには、ログ・ファイルを使用します。
MsiEnableLog (MSI) 関数を有効にしてログを生成するには、/v の後に以下の構文を追加します。
たとえば、以下のようなパラメータを使用します。

/l*v! logfile

このパラメータは冗長ログを生成するため、インストールの実行時間が非常に長くなります。

また、msiexec / とともに以下のいずれかのパラメータを指定してサイレント・インストール問題を解決することもできます。

i ‐ ステータス・メッセージ m ‐ メモリ不足または致命的な終了情報
w ‐ 致命的でない警告 o ‐ ディスク容量不足メッセージ
e ‐ すべてのエラー・メッセージ p ‐ 端末プロパティ
a ‐ 起動アクション v ‐ 冗長出力
r ‐ アクション固有の記録 x ‐ 特別なデバッグ情報
u ‐ ユーザ要求 + ‐ 既存のログ・ファイルへの付加
c ‐ 初期の UI パラメータ ! ‐ 各行をログへフラッシュ

サイレント・アンインストール問題の解決

SQL Anywhere アプリケーション、SQL Anywhere マニュアル、または SQL Anywhere Monitorのサイレント・アンインストール中に発生した問題を解決するには、ログ・ファイルを使用します。
ログ・ファイルを生成するには、以下のようなコマンドを実行します。

msiexec.exe /qn /uninstall {ECE263B0-6C8B-404C-B4AC-8FAB1C87AB4A} /l* <log_file_path>