SQL Anywhere 10.0.1 コンポーネント別対応OS

SQL Anywhereのコンポーネント別サポートOSは以下のとおりです。
ただし、全OSに対応しているコンポーネントは省略していますのご注意ください。
また、ここでは見やすいようOSベンダー、OS名、プロセッサーのアーキテクチャ毎にグループ分けしています。

  1. データベース
  1. シンクロナイゼーションおよびメッセージング
  1. 管理ツール
  1. マニュアル

 

データベース

SQL Anywhere

コンポーネント

Windows Linux
x86 x64 IA64 CE x86 x64 IA64
パーソナル・データベース・サーバ  
ネットワーク・データベース・サーバ
リモートデータアクセス      
外部ストアドプロシージャ 2 2  
動的キャッシュサイジング
C++開発ツール  
5.0互換DLLs  
インターナショナルリソース配布キット  
アクセシビリティ・イナブルメント  
サンプル
Sun JRE 1.5.0    
クライアント‐サーバ間およびMobile Link 通信のRSA暗号化    
データベース内Java  

コンポーネント

Windows Linux
x86 x64 IA64 CE x86 x64 IA64
インターフェース
ODBC 3 23 23
OLE DB
ADO.NET  
Embedded SQL 23 23
OpenClient    
iAnywhere JDBC 5   23
jConnect   23
PHP    
Perl DBD    
データベースツール 23 23
データベースユーティリティ
ヒストグラム (dbhist)  
言語(dblang)  
サービスの生成 (dbsvc)      
その他全ユーティリテイ  

コンポーネント

Windows Linux
x86 x64 IA64 CE x86 x64 IA64
別途ライセンスが必要なコンポーネント
クライアント‐サーバ間およびMobile Link 通信のECC暗号化    
クライアント‐サーバ間およびMobile Link 通信のFIPS認定暗号化  
高可用性  

Ultra Light

コンポーネント

Windows
XP CE Symbian OS Palm OS
Ultra Light データベース
Ultra Light エンジン  
API
UL embedded SQL11
UL C++ コンポーネント11
UL for AppForge11
UL for M-Business Anywhere11 12   13
Ultra Light.NET11 9 10  
シンクロナイゼーション
TCP/IP
HTTP
ActiveSync8   14  
HotSync  
Mobile Link 通信のRSA暗号化 16  
別途ライセンスが必要なコンポーネント 15
Mobile Link 通信のECC暗号化 16  
Mobile Link 通信のFIPS認定暗号化 6  

シンクロナイゼーションおよびメッセージング

Mobile Link

コンポーネント

Windows Linux
x86 x64 IA64 CE x86 x64 IA64
Mobile Link サーバ
Mobile Linkシンクロナイゼーション・サーバ 4     4  
.NETシンクロナイゼーション・ロジック 4  
Javaシンクロナイゼーション・ロジック 4     4  
Notifier28 4     4  
RSA Encrypted Mobile Link Communications   4
サンプル 4   4  
Mobile Link モニタ
Mobile Linkモニタ 4     4  
Mobile Link クライアント
Mobile Linkクライアントfor SQL Anywhere 4   4  
リスナ29 4  
Mobile Link ActiveSync プロバイダ22            
別途ライセンスが必要なコンポーネント
Mobile Link 通信のECC暗号化     4
Mobile Link 通信のFIPS認定暗号化     4

リダイレクタの稼動可能OSおよびテスト済OSについては、こちらの資料をご参照ください。

以下の表では、Mobile Link シンクロナイゼーションサーバと表にある統合データベースの双方を稼動させることのできるOSを示しています。

統合データベース

Windows Linux
x86 x64 IA64 CE x86 x64 IA64

SQL Anywhere 10

21   21

Adaptive Server Enterprise (12.5, 15)

21   21

Oracle (9i, 10g)

21   21  

Microsoft SQL Server 2000

21    

Microsoft SQL Server 2005

21    

IBM DB2 UDB (8.2, 9.1)

21     21  

QAnywhere

コンポーネント

Windows Linux
x86 x64 IA64 CE x86 x64 IA64
Mobile Linkシンクロナイゼーション・サーバ+メッセージング 4     4  
Agent    
.NET API  
C++ API  
Java API 25  
サンプル(クライアント)       

SQL Remote for SQL Anywhere

コンポーネント

Windows Linux
x86 x64 IA64 CE x86 x64 IA64
SQL Anywhere Message Agent (dbremote)    
SQL Anywhere 抽出ユーティリティ (dbxtract)    
共有ファイルメッセージシステム    
FTPメッセージシステム17    
MAPIメッセージシステム17  
SMTP/POPメッセージシステム17    
VIMメッセージシステム17            
SA エンコーディング (dbencod)    

管理ツ-ル

コンポーネント

Windows Linux
x86 x64 IA64 CE x86 x64 IA64
管理ツール
Sybase Central 6     6  
Interactive SQL 6   7    6  7
ネットワーク・サーバ・モニタ (dbconsole)30  6    6
PowerDesigner  
InfoMaker    
DataWindow.NET  

 

マニュアル

SQL Anywhereのマニュアルは、製品マニュアルあるいは書籍の形式で書かれており、様々なフォーマットで参照が可能です。

  • Windowsにインストールした場合には、マニュアル一式全てHTMLHelp(CHM)およびPDFのフォーマットのものがご利用いただけます。管理ツールのオンラインヘルプは、JavaHelpのフォーマットです。アプリケーションの開発環境に特定のフォーマットでも提供しています。
  • Linuxにインストールした場合には、HTMLとPDFのフォーマットのものがご利用いただけます。管理ツールのオンラインヘルプは、JavaHelpのフォーマットです。一部アプリケーションの開発環境に特定のフォーマットでご利用いただけるマニュアルもございます。

備考

1 データベース内のJavaとJDBCドライバが必要です。

2 外部ストアドプロシージャへの旧インターフェースは、32-bit ソフトウェアのみです。

3 ODBC ドライバマネージャは使用できない可能性があります。そのため、ODBCドライバへ直接リンクする必要がある場合があります。

4 32-bit ソフトウェア

5 Itanium チップ上ではJRE 1.4以上が必要。その他のチップ上では、JRE 1.3以上が必要です。

632-bit JRE

7 他のOS上で提供されている管理ツールと比較して、機能によっては含まれないものあります。

8 Microsoft ActiveSync 3.1以上が必要です。

9 Visual Studio .NETが必要です。

10 .NET Compact Framework version 1.0.3705以降が必要です。

11 ARM processor上のPocket PCが必要です。

12 ARM processor上のPocket PCが必要です。

13 Palm OS 5が必要です。

14 Ultra Light コンポーネントではUltra Light.NET. を除きサポートしていません。Smartphone 2002はサポートしていません。

15 Ultra Light コンポーネントではサポートしていません。静的Java API はJDK1.2.2以降が必要。JDK 1.4 はサポートしていません。

16 Pocket PC 3.0以降が必要です。

17 Pocket PC 3.0以降が必要です。

18 インストールしたJREを含むディレクトリを含めるにはLIBPATHを設定してください。

19 IPv6対応には、AIX5.2 Maintenance Level7以上が必要です。

21 32-bit ドライバのみです。

22 Microsoft ActiveSync 3.5以上が必要です。

23 32-bit および 64-bit クライアントのみ

24 リダイレクタのテスト済みのOSのリストについては、こちらを参照ください。

25 IBM J9 Java バーチャルマシンが必要です。

28JRE1.4.1以上が必要です。

29リスナーのテスト済OSのリストにつきましては、こちらをご参照ください。

30Windows CE、Linux Itanium: これらのプラットフォームでは、コネクション、データベース、サーバプロパティを使用して情報を取得することができます。また、SQL AnywhereコンソールをサポートするOSが稼動するコンピュータからサーバを監視することができます。

http://www.sqlanywhere.jp>販売終了およびサポート終了製品について