サイレント・インストールによる SQL Anywhere 11 Express Bug Fix、SQL Anywhere Monitor、または SQL Anywhere マニュアルの配備

この文書では、サイレント・インストールによる SQL Anywhere 11 Express Bug Fix の配備方法について説明します。

Windows プラットフォーム用 SQL Anywhere 11 Express Bug Fix (EBF)、SQL Anywhere Monitor、および SQL Anywhere マニュアルは、Package for the Web (PFTW) フォーマットを使用します。PFTW は、各タイプのインストールのコンテナです。PFTW は、自動的にインストールを開始します。

PFTW 実行可能ファイルに -s 引数を追加すると、PFTW がサイレントに実行されますが、パッケージに組み込まれているインストーラは、サイレントには起動されません。そのため、EBF のインストールをサイレントに実行することはできないように感じられます。PFTW を完全にサイレントにするには、組み込まれているインストーラもサイレント・モードで起動する必要があります。-a 引数に続くテキストは、PFTW が起動する実行可能ファイルに渡されます。そこで、この -a 引数を使用して、インストーラをサイレントに起動するためのコマンド・ラインを PFTW コマンド・ラインで渡します。

/S オプションは、初期化ダイアログを非表示にします。このオプションは /v とともに使用します。/v は、Microsoft Windows インストーラ・ツール Msiexec のパラメータを指定します。/qn は、MSI のサイレント・オプションです。

このマニュアルでは、必要な EBF をすでに 弊社有償サポート専用ページ(http://www9.ianywhere.jp/sail/index.html) からダウンロード済みであることを想定しています。

SQL Anywhere 11 Express Bug Fix
サイレント・インストールの実行

  1. コマンド・プロンプトを開き、EBF インストール・イメージが格納されているディレクトリに移動します。
  2. 以下のコマンドを使用して、PFTWを実行します。
    <pftw-name>.exe -s -a /S “/v: /qn”

インストールがサイレントに行われるため、タスク・マネージャでインストールの完了を確認する必要があります。Msiexec.exe を探し、このプロセスの CPU 使用率が 0 になったら、サイレント・インストールが完了したことを意味します。Msiexec.exe はサービスなので、タスク・マネージャから消えることはありません。

SQL Anywhere Monitor (スタンドアロン製品のインストール)
サイレント・インストールの実行

  1. コマンド・プロンプトを開き、SQL Anywhere Monitor の PFTW インストール・イメージが格納されているディレクトリに移動します。
  2. 以下のコマンドを使用して、PFTW を実行します。
    SQLAnywhere_Monitor_11.exe -s -a /S “/v: /qn REGKEY=PUTREALMONITORKEYHERE INSTALLDIR=C:\SA11 DIR_SQLANY_MONITOR=C:\SAMONITOR”

INSTALLDIR は、SQL Anywhere Monitor を使用するのに必要なサポート・ファイルをインストールするためのディレクトリです。DIR_SQLANY_MONITOR は、samonitor.db とログを格納するディレクトリです。

SQL Anywhere 11 マニュアル
サイレント・インストールの実行

  1. コマンド・プロンプトを開き、マニュアルの PFTW インストール・イメージが格納されているディレクトリに移動します。
  2. 以下のコマンドを使用して、PFTW を実行します。
    SQLAnywhere11_Documentation.exe -s -a /l:1033 /s “/v: /qn”

マニュアルのインストールでは、言語オプションを指定する必要があります。上記の例では、英語版のマニュアルのインストールを想定しています。
SQL Anywhere ソフトウェアは、以下の 5 つの言語にローカライズされています。

  • English (locale ID 1033)
  • French (locale ID 1036)
  • German (locale ID 1031)
  • Japanese (locale ID 1041)
  • Simplified Chinese (locale ID 2052)