ADO.NET および SQL Anywhere .NET Data Provider を使用した SQL Anywhere データベースへの接続

このマニュアルでは、iAnywhere の SQL Anywhere .NET Data Provider を使用して C# プロジェクトから SQL Anywhere データベースへの接続を作成する方法について説明します。 はじめに SQL Anywhere .NET Data Provider を使用することにより、マネージド .NET アプリケーションは SQL Anywhere データベースへの統合かつ標準化されたアクセスを得ることができます。データベースへの ADO.NET 接続を確立する場合は、この方法をおすすめします。 必要なソフトウェア

  • SQL Anywhere Studio 11.x
  • SQL Anywhere ……….. (demo.db)
  • Microsoft Visual Studio 2008

手順

    1. Visual Studio 2008 を起動します。
    2. 新規プロジェクトを作成します。
a. [ファイル]メニューから [新しいプロジェクト] を選択します。[新しいプロジェクト] ダイアログが表示されます。
b. 左ペインで [Visual C#] を選択します。
c. 右ペインで [コンソール アプリケーション] を選択します。
d. [プロジェクト名] フィールドに EmployeeDataReader と入力します。
e. [場所] フィールドに c:\temp と入力します。
f. [OK]をクリックして [新しいプロジェクト] ダイアログを閉じます。
g. しばらくすると、以下のコード・スタブを使用してプロジェクトが作成されます。
h. 参照を SQL Anywhere .NET Data Provider アセンブリに追加します。i. [ソリューション エクスプローラ] ウィンドウで [参照設定] を右クリックし、ポップアップ・メニューから [参照の追加] を選択します。i. [参照の追加] ダイアログが表示されます。
ii. [.NET]タブで [参照] をクリックし、iAnywhere.Data.SQL Anywhere.dll を検索します。
Windows および Windows CE では、.NET 1.0 と 2.0 に対して異なるバージョンの
DLL があるので注意してください。
iii. 適切なアセンブリを選択して [開く] をクリックします。
i. 以下の using 指令をプロジェクトの先頭に追加して、System.Data および iAnywhere.Data.SQLAnywhere ネームスペースを設定します。これらのネームスペースには、データベース接続に必要な ADO.NET クラスがすべて含まれます。コード・ファイルは以下のようになります。using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Data;
using iAnywhere.Data.SQLAnywhere;namespace CustomerDataReader
{
class Program
{
static void Main(string[] args)
{
}
}
}

j. 以下のコードを static void Main(string[] args) メソッドにコピーします。//Create a connection.
SAConnection myConnection = new SAConnection(“Data Source=SQL Anywhere
11 Demo;UID=DBA;PWD=sql”);
//open the connection
myConnection.Open();
//Create a command object.
SACommand myCommand = myConnection.CreateCommand();
//Specify a query. myCommand.CommandText = “SELECT Surname FROM Employeess”;
//Create a DataReader for the command
SADataReader myDataReader = myCommand.ExecuteReader();//Display the resulting data.
while ( myDataReader.Read())
{
Console.WriteLine(“{0}”, myDataReader[“Surname”]);
}
//Close the DataReader.
myDataReader.Close();
//Close the connection.
myConnection.Close ();//Keep the console open until a keystroke
Console.ReadKey (true);

k. [F5] を押してプロジェクトを実行します。以下のような名前のリストが表示されます。
Whitney
Cobb
Chin
Jordan
l. 任意のキーを押して、コンソール・ウィンドウを閉じます。

アプリケーションの仕組み

SAConnection オブジェクトの作成

SAConnection オブジェクトは、他の ADO.NET オブジェクトを使用する前に初期化する必要があります。SAConnection オブジェクトは、アプリケーションと SQL Anywhere .NET Provider 間の接続を作成します。この例では、ODBC データ・ソースを使用します。ODBC データ・ソースは、データベースに接続するための要件ではありません。ユーザは、残りの接続文字列を渡す必要があり、この接続文字列はデータ・ソースに含めることができます。データベース・サーバがすでに動作している場合は、ユーザ ID とパスワードを渡すだけで構いません。接続文字列は以下のようになります。

SAConnection myConnection = new SAConnection(@”UID=DBA;PWD=sql;ENG=MyDbEng”);

DSN を使わずにデータベース・サーバを実行する際にアプリケーションからデータベース・サーバを起動する必要がある場合、接続文字列は以下のようになります。

SAConnection myConnection = new

SAConnection(@”UID=DBA;PWD=sql;DBF=C:\MyDB.db”);

‘@’ 記号を接続文字列の前に置くと、ファイル名にバックスラッシュを使用することができます。そうしない場合は、C# 文字列内のバックスラッシュ文字をエスケープするために二重のバックスラッシュが必要になります。

SAConnection オブジェクトを開く

.NET アプリケーションとプロバイダ間の接続を開くには、このメソッドが必要です。このメソッドが失敗した場合は、例外(iAnywhere.Data.SQLAnywhere.SAException)がスローされます。

myConnection.Open()

クエリ文の指定

接続が正常に開いたら、SQL 文を発行できます。まず、データベース操作を実行するために Command オブジェクトを作成する必要があります。Command オブジェクトを作成したら、CommandText プロパティを設定してください。顧客の特定の名前と姓をフェッチするために、その SQL 文を Command オブジェクトの CommandText プロパティに渡します。

SACommand myCommand = myConnection.CreateCommand();

myCommand.CommandText = “SELECT GivenName, Surname FROM Customers”;

データの読み取り

この例では、DataReader オブジェクトを使用してクエリの結果をすぐに取得します。これは、読み取り専用のオブジェクトですので、データを更新することはできません。DataReader の Read メソッドは、ローを 1 つずつ読み取り、読み取るデータがある間は true を返し、読み取るデータがなくなったら false を返します。

while ( myDataReader.Read())

{

     Console.WriteLine(“{0}”, myDataReader[“SurName”]);

}

クリーンアップ

最後に、DataReader オブジェクトと Connection オブジェクトを閉じます。

myDataReader.Close();

myConnection.Close();