SQL Anywhere 11.0.1 コンポーネント別対応OS

SQL Anywhereのコンポーネント別サポートOSは以下のとおりです。
ただし、全OSに対応しているコンポーネントは省略していますのご注意ください。
また、ここでは見やすいようOSベンダー、OS名、プロセッサーのアーキテクチャ毎にグループ分けしています。

  1. データベース
  1. シンクロナイゼーションおよびメッセージング
  1. 管理ツール
  1. マニュアル

 

データベース

SQL Anywhere

コンポーネント Microsoft Windows Linux Sun Solaris
x86 x64 Mobile x86 x64 SPARC x64
パーソナル・データベース・サーバ 27
ネットワーク・データベース・サーバ 27
リモートデータアクセス
外部ストアドプロシージャ 2
動的キャッシュサイジング
C++開発ツール
5.0互換DLL
インターナショナルリソース配布キット
アクセシビリティ・イナブルメント
サンプル
Sun JRE 1.6.0
クライアント‐サーバ間通信のRSA暗号化
データベース内Java
ケルベロス・クライアント 32
コンポーネント Microsoft Windows Linux Sun Solaris
x86 x64 Mobile x86 x64 SPARC x64
インターフェース
ODBC 3 23 23 23
OLE DB
ADO.NET
Embedded SQL 23 23 23
OpenClient 23
iAnywhere JDBC 5 23 23
jConnect 23 23
PHP
Perl DBD
データベース ツール 23 23 23
データベースユーティリティ
ヒストグラム (dbhist)
言語 (dblang)
サービスの生成 (dbsvc)
その他全ユーティリテイ
コンポーネント Microsoft Windows Linux Sun Solaris
x86 x64 Mobile x86 x64 SPARC x64
別途ライセンスが必要なコンポーネント
クライアント‐サーバ間およびMobile Link 通信のECC暗号化
クライアント‐サーバ間およびMobile Link 通信のFIPS認定暗号化
高可用性

Ultra Light

コンポーネント Microsoft Windows
XP Mobile Palm OS BlackBerry Java ME/SE Linux x8624
Ultra Light データベース
Ultra Light エンジン
API
UL embedded SQL 9
UL C++ コンポーネント 9
UL for M-Business Anywhere 9 12 13
Ultra Light.NET 9 10
Ultra LightJ 33
同期
TCP/IP
HTTP あるいはHTTPS
ActiveSync 8 14
HotSync
Mobile Link 通信のRSA暗号化
別途ライセンスが必要なコンポーネント
Mobile Link 通信のECC暗号化
Mobile Link 通信のFIPS認定暗号化

シンクロナイゼーションおよびメッセージング

Mobile Link

コンポーネント Microsoft Windows Linux Sun Solaris
x86 x64 Mobile x86 x64 SPARC x64
Mobile Link サーバー
Mobile Link 同期 サーバー 27,34
.NET 同期 ロジック
Java 同期 ロジック
Notifier 28
Mobile Link 通信のRSA暗号化  ○
サンプル
サンプル
Relay サーバー
Relay サーバー 1 1 20
Mobile Linkモニター
Mobile Linkモニター 4 4
Mobile Linkクライアント
Mobile Linkクライアント for SQL Anywhere 4 4 4
リスナー 29 4
Mobile Link ActiveSync プロバイダー 22
Mobile Link 通信のRSA暗号化 4 4 4
別途ライセンスが必要なコンポーネント
Mobile Link 通信のECC暗号化  ○
Mobile Link 通信のFIPS認定暗号化

リダイレクタの稼動可能OSおよびテスト済OSについては、こちらの資料をご参照ください。

Mobile Linkサーバーは、ODBCドライバーを通じて統合データベースと通信します。
ODBC ドライバーは、プラットフォームや統合データベースによっては利用できないものがあります。
統合データベースやMobile Linkサーバーは、同じプラットフォーム上で稼動させる必要はありません。
統合データベースがデータベースベンダーが特定したサポートしているプラットフォーム上で稼動している、またデータベースMobile Linkサーバーが統合データベースとサポートしているODBCドライバを使用して通信している場合は、 Mobile Linkの設定はサポートされているとみなします。

以下の表は、 サポートする統合データベースのMobile Linkサーバーのプラットフォームを示します。

ODBC ドライバの詳細については、SQL Anywhere 11.0.1 Mobile Link の推奨 ODBC ドライバをご参照ください。

統合 データベース Microsoft Windows Linux Sun Solaris
x86 x64 Mobile x86 x64 SPARC x64

SQL Anywhere 11

Adaptive Server Enterprise 12.5, 15.0

Oracle 10g , 11g

Microsoft SQL Server 2005, 2008

IBM DB2 UDB LUW 8.2, 9.5

IBM DB2 メインフレーム z/OS 8.1  
MySQL 5.1

QAnywhere21

コンポーネント Microsoft Windows Linux Sun Solaris
x86 x64 Mobile x86 x64 SPARC x64
Mobile Link 同期 サーバー +メッセージング 27
エージェント
.NET API
C++ API
Java API 25
サンプル (クライアント)

SQL Remote for SQL Anywhere

コンポーネント Microsoft Windows Linux Sun Solaris
x86 x64 Mobile x86 x64 SPARC x64
SQL Anywhere メッセージエージェント (dbremote) 4
SQL Anywhere 抽出ユーティリティ (dbxtract) 4
共有ファイルメッセージシステム 4
FTPメッセージシステム 17 4
SMTP/POPメッセージシステム 17 4
SAエンコーディング (dbencod) 4

管理 ツール

コンポーネント Microsoft Windows Linux Sun Solaris
x86 x64 Mobile x86 x64 SPARC x64
管理 ツール
Sybase Central 6 6
Interactive SQL 6 6 7
ネットワーク・サーバー・モニター (dbconsole)30 6 6
PowerDesigner
InfoMaker
DataWindow .NET

マニュアル

SQL Anywhereのマニュアルは、製品マニュアルあるいは書籍の形式で書かれており、様々なフォーマットで参照が可能です。

  • DocCommentXchangeでは、完全なマニュアル一式を、見る、コメントする、他のコメントを見る、ことが可能です。
  • Windowsでは、HTMLHelp(CHM)およびPDFのフォーマットでマニュアル一式全てご利用いただけます。
  • Unix プラットフォームでは、完全なマニュアル一式をHTML およびPDFフォーマットでご利用いただけます。
  • 管理 ツールのContext-sensitiveなヘルプがJavaHelpのフォーマットでご利用いただけます。
  • API ドキュメンテーションは、アプリケーションの開発環境に特定のフォーマットでご利用いただけます。

 


 

備考

1 Microsoft IIS 6が必要です。

2 外部ストアドプロシージャへの旧インターフェースは、32-bit ソフトウェアのみです。

3 ODBC ドライバマネージャは使用できない可能性があります。そのため、ODBCドライバへ直接リンクする必要がある場合があります。

4 32-bit ソフトウェア

5 Itanium チップ上ではJRE 1.4以上が必要。その他のチップ上では、JRE 1.3以上が必要です。

6 32-bit JRE.

7 他のOS上で提供されている管理ツールと比較して、機能によっては含まれないものあります。

8 Microsoft ActiveSync 3.1以上が必要です。

9 64-bitの開発には、32-bit ユーティリティが必要です。64-bit マシンからUltra Light データベースに接続する場合には、32-bit版の Interactive SQL と Sybase Centralがマシンに必要です。

10 .NET Compact Framework version 2.0 あるいは 3.5 が必要です。

12 Windows Mobile 5 以降が必要です。

13 Palm OS 5が必要です。

14 M-Business Anywhereはサポートしていません。

17 共有ファイルシステム以外のシステムで、SQL Remoteを機能させるためには、適切なメッセージシステムソフトを購入し、インストールする必要があります。SQL Remoteには、このようなメッセージシステムのソフトは含まれていません。

20 Apache 2.2.8が必要です。

21 QAnywhere ではMySQLはサポートしていません。

22 Microsoft ActiveSync 3.5以上が必要です。

23 32-bit および 64-bit クライアント

24 以下のプラットフォームでテスト済みです:

  • MontaVista Linux 4.0.1 (Linux version 2.6.10_mvl401-pc_target (gcc version 3.4.3 (MontaVista 3.4.3-25.0.70.0501961 2005-12-17)))
  • SUSE Linux 10.0 (Linux version 2.6.13 (gcc version 4.0.2))

25 IBM J9 Java バーチャルマシンが必要です。

27 以下のパッチ(あるいはそれ以上のもの)が必要です。
Solaris 8: 109322-02, 108434-22, 108435-22, 111721-04.
Solaris 9: 111711-16, 111712-16, 111722-05.
弊社で経験した特定の問題に対処するパッチをリストしておりますが、これがで全て網羅しているわけではございません。OSのベンダーの推奨するとおりにOSのパッチはインストールしてください。
64-bit ソフトのみをサポートしています。

28 JRE 1.4.1以降が必要です。

29 リダイレクタのテスト済みのOSのリストについては、こちらを参照ください。

30 Windows CE、Solaris x64、Linux Itanium: これらのプラットフォームでは、コネクション、データベース、サーバプロパティを使用して情報を取得することができます。また、SQL AnywhereコンソールをサポートするOSが稼動するコンピュータからサーバを監視することができます。(Windows XP/200x, Linux)など。

32 SQL Anywhereと一緒にテストされたケルベロス・クライアントの一覧は、こちらをご参照ください。

33 BlackBerry OS 4.1 以上

34 64-bit Solaris SPARC のみ


 

販売終了およびサポート終了製品について