SQL Anywhere Linux版 – 管理ツールの日本語表示

RedHat Enterprise Linux 4

アジアのロケール用のフォントがインストールされていることを確認します。 インストールされていない場合、Redhat Enterprise Linux 4 ディストリ ビューションの CD #4 の RPM を使用します。

次の RPM にアジアのロケールのフォントが含まれます。

ttfonts-ja-1.2-36.noarch.rpm
ttfonts-ko-1.0.11-32.2.noarch.rpm
ttfonts-zh_CN-2.14-6.noarch.rpm
ttfonts-zh_TW-2.11-28.noarch.rpm

これらの RPM をインストールするには、root でログインして “rpm -i” コマンドを 実行します。

次のコマンドを実行して、JRE でシステムのフォント設定ファイルが見つかるように します。

  1. cd $SQLANY11/sun/jre160_x86/lib
  2. cp fontconfig.RedHat.3.properties.src fontconfig.RedHat.4.properties

RedHat Enterprise Linux 5

  1. 実行中のグラフィカル管理ツール (Sybase Central、Interactive SQL (dbisql)、 Mobile Link モニター、SQL Anywhere モニター、SQL Anywhere コンソール ユーティリティ (dbconsole)) をすべてシャットダウンします。
  2. アジア言語を表示するために必要なフォントがインストールされていることを確認 します。この文書の執筆時点では、フォントのインストールガイドが Red Hat の Web サイトで提供されています。

    www.redhat.com/docs/manuals/enterprise/RHEL-5-manual/en-US/Internationalization_Guide.pdf

  3. フォントがインストールされている場合は、管理ツールにアジアのフォントが表示 されます。
    別途操作をする必要はありません。

SUSE 10

アジアのロケール用のフォントがインストールされていることを確認します。
インストールされていない場合、SuSE 10 ディストリビューション CD の RPM を 使用します。

sazanami-fonts-20040629-7.noarch.rpm (CD #1)
unfonts-1.0.20040813-6.noarch.rpm (CD #2)
ttf-founder-simplified-0.20040419-6.noarch.rpm (CD #1)
ttf-founder-traditional-0.20040419-6.noarch.rpm (CD #1)

表示する文字がこれらのフォントに含まれていない場合は、「その他」の項の手順を 試してみてください。

これらの RPM をインストールするには、root でログインして “rpm -i” コマンドを 実行します。

次のコマンドを実行して JRE でフォントが見つかるようにします。

1. ln -s /usr/X11R6/lib/X11/fonts/truetype $SQLANY11/sun/jre160_x86/lib/fonts/fallback

注意 : JRE (および管理ツール) でロケールを決定するには、ログインプロンプトで 言語を設定するだけでは不十分です。管理ツールを起動する前に、環境変数 LANG を次のいずれかの値に設定してください。

ja_JP
ko_KR
zh_CN
zh_TW

たとえば、Bourne シェルとその派生シェルでは、次のコマンドを実行してから管理 ツールを起動します。

export LANG=ja_JP

一部のドイツ語の文字 (ウムラウト記号付きの “a” など) は、ロケールを de_DE.UTF-8 に設定しても、ウィンドウのタイトルバーに正常に表示されません。
この問題を回避するには、de_DE@euro ロケールを使用します。

この環境変数の有効なロケール設定のリストについては、/usr/lib/locale の ディレクトリリストを参照してください。

SUSE 11 Linux Enterprise Server

  1. 実行中のグラフィカル管理ツール (Sybase Central、Interactive SQL (dbisql)、 Mobile Link モニター、SQL Anywhere モニター、SQL Anywhere コンソール ユーティリティ (dbconsole)) をすべてシャットダウンします。
  2. Control Center を実行して、[Language] をクリックします。次に、(たとえば) [Japanese] を選択して、[OK] をクリックします。
  3. 次のコマンドを実行します。
    mkdir $SQLANY11/sun/jre160_x86/lib/fonts/fallback ln -s /usr/share/fonts/truetype/*.ttf $SQLANY11/sun/jre160_x86/lib/fonts/fallback

UBUNTU 8.10

  1. 実行中のグラフィカル管理ツール (Sybase Central、Interactive SQL (dbisql)、 Mobile Link モニター、SQL Anywhere モニター、SQL Anywhere コンソール ユーティリティ (dbconsole)) をすべてシャットダウンします。
  2. 次のコマンドを実行します。

    mkdir $SQLANY11/sun/jre160_x86/lib/fonts/fallback
    ln -s /usr/share/fonts/truetype/kochi/*.ttf $SQLANY11/sun/jre160_x86/lib/fonts/fallback

UBUNTU 9.10

  1. 実行中のグラフィカル管理ツール (Sybase Central、Interactive SQL (dbisql)、 Mobile Link モニター、SQL Anywhere モニター、SQL Anywhere コンソール ユーティリティ (dbconsole)) をすべてシャットダウンします。
  2. 次のコマンドを実行します。

    mkdir $SQLANY11/sun/jre160_x86/lib/fonts/fallback
    ln -s /usr/share/fonts/truetype/vlgothic/*.ttf $SQLANY11/sun/jre160_x86/lib/fonts/fallback

UBUNTU 10.04

  1. 実行中のグラフィカル管理ツール (Sybase Central、Interactive SQL (dbisql)、 Mobile Link モニター、SQL Anywhere モニター、SQL Anywhere コンソール ユーティリティ (dbconsole)) をすべてシャットダウンします。
  2. 次のコマンドを実行します。

    mkdir $SQLANY11/sun/jre160_x86/lib/fonts/fallback
    ln -s /usr/share/fonts/truetype/takao/*.ttf $SQLANY11/sun/jre160_x86/lib/fonts/fallback