SQL Anywhere の最小ハードウェア要件

開発 (完全インストール) 配備 (サーバ) 配備 (クライアント)
32-bit CPU Pentium 2 互換以上Pentium 4 互換以上 (空間データをサポートする場合) Pentium 2 互換以上Pentium 4 互換以上 (空間データをサポートする場合) Pentium 2 互換以上Pentium 4 互換以上 (空間データをサポートする場合)
64-bit CPU AMD64, Intel EM64T, SPARC, PowerPC またはItanium 2 AMD64, Intel EM64T, SPARC, PowerPC またはItanium 2 AMD64, Intel EM64T,SPARC, PowerPC またはItanium 2
RAM Windows XP の場合は256MB のメモリが必要Windows Vista およびWindows 7 の場合は512MB のメモリが必要

Sybase Central やInteractive SQL などの管理ツールを使用している場合は、上記のメモリ要件に加えて、さらに64MB~ 128MB の RAM が必要

Windows XP の場合は256MB のメモリが必要
Windows Vista およびWindows 7 の場合は512MB のメモリが必要
4MB のメモリ
ハードディスク 500MB の他に、データベース、ログ・ファイル、およびテンポラリ・ファイルを保持するのに十分なディスク領域 20MB の他に、データベース、ログ・ファイル、およびテンポラリ・ファイルを保持するのに十分なディスク領域 10 MB

サーバが最低限のハードウェア要件しか満たしていない場合、パフォーマンスが低下することがあるため、ハードウェアのアップグレードが必要になる場合があります。一般に、ハードウェアがデータベース・サーバの負荷に対応できるかどうかは、ハードウェア構成を見て判断します。

データベース・サーバの起動時に -fc オプションを指定すれば、データベース・サーバでファイル・システムがいっぱいになった場合に、コールバック関数が実行されます。「-fcdbeng12/dbsrv12 server option」を参照してください。