SQL Anywhere では、2006年(日本では2007年)にリリースされた version 10 で、より大規模システム向けにアーキテクチャーを変更し、データベースミラーリング(高可用性)、マテリアライズドビュー、スナップショットアイソレーション(スナップショット分離)など多くの機能が追加されました。

 

この資料では、 version 17 を使用し、3台の Linux マシンの 1 台に8 DB、これをアービターで監視するというシナリオでデータベースミラーリングを構築します。

 

 

詳細はこちらの「SQL Anywhere データベースミラーリング構築」をご参照ください。