TECHNOLOGY

Tips ! (使用上のテクニック)

(こちらに掲載されている情報は、アイエニウェア・ソリューションズ(株)時代に公開されていた情報です。最新のTips !は、SAPの有償サポート契約をお持ちのお客様のためのサポートポータル内に掲載されております。または公開されておりますSAP Communityのブログ情報などを参照ください。)

ST0806072特定の一接続に対する要求ロギングの実行方法
ST0806071SQL Anywhere Deploymentウィザードを使用した環境へのEBF適用方法
ST0806070Mobile Link同期クライアントは複数接続を使用する
ST0806069Sybase Centralの起動を早くする
ST0806068DBアップグレード時の注意事項
ST0806067サービスに登録されている内容をファイル出力する
ST0803066ストアドプロシージャで動的な文を実行する
ST0712065トランザクション・ログを削除する「-m サーバ・オプション」について
ST0710064ODBC データソース アドミニストレータ に定義されているデータソースをコマンドに変換する
ST0710063クライアント・マシンからデータベース・サーバの状態をモニタする
ST0708062データベース・ページにチェックサムをつける
ST0704061データベース・サーバのキャッシュをクリアする
ST0704060アプリケーションを作らずに Ultra Light データベースを参照/変更する
ST0703059ネットワーク上に存在するデータベース・サーバを列挙する
ST0702058インデックス・コンサルタントのトラブルを回避する
ST0611057インデックス・ヒントの使用
ST0610056データベースが動作していないデータベース・サーバの操作
ST0608055テーブルにプライマリキー、またはNULLを許可しないユニークインデックスが必要な理由
ST0603054検証の重要性について
ST0602053既存データの有無を確認せずINSERTする
ST0601052検索引数(sargable)
ST0512051パフォーマンスの分析
ST0511050十分なキャッシュ・サイズを確保できない場合の対処
ST0511049指定されたキャッシュ・サイズが小さい場合のデータベース・エンジンの動作
ST0510048ディスクの空き容量不足による障害を回避する
ST0509047大量トランザクションの処理効率を上げる
ST0508046キャッシュサイズの分析
ST0505045データベース・オプションの有効期間
ST0411044特殊なインデックスの作成
ST0409043[接続] ダイアログでのマルチバイト文字の入力
ST0408042サーバ上で最後に実行されたSQL文の確認方法
ST0407041プロシージャ、関数、トリガ、ビューの内容を隠す
ST0404040Windows CE上でdbmlsyncを使用する際に発生するエラーを防ぐ
ST0403039SQL RemoteのAgentを継続モードで稼動しているといつのまにか終了している場合があります
ST0310038外部ジョインの構文変更
ST0308037設定ファイルの内容を隠したい
ST0305036検索時に対象の文字を絞り込む
ST0303035同期処理のカスタマイズ
ST0302034TurboLinux7でASA801 for LinuxのSybase Centralの起動
ST0301033トランザクション・ログ使用の勧め
ST0210032CE機単体でテーブルの検証をする方法。
ST0209031クライアントよりサーバ・メッセージを取得する方法
ST0209030インデックスを使用しないテーブルへのアクセス
ST0208029特定のSQLに対して独立性レベルを設定する
ST0207028データベース(テーブル)の断片化チェックについて
ST0206027他社製データベースと同期を行うときのタイムスタンプ精度の設定
ST0205026非アクティブ接続の切断と活性タイムアウト
ST0204025Embedded SQLプログラミング・インタフェースでのアプリケーション変更時のプリプロセッサの再実行
ST0202024生年月日より年齢を算出する関数 
ST0202023トランザクション・ログの検証方法
ST0201022データベース・ファイルが破損した場合のトラブルシューティング
ST0112021クライアントのノートPCからTCP-IPでデータベースサーバに接続を行ってから、クライアントノートPCのPCカードスロットにスマートメディアカードを挿入するとパケット送信エラーが発生します。何故でしょうか?
ST0112020DBサーバに接続されているすべてのユーザ情報を取得する
ST0110019デッドロックについて
ST0110018クエリのレスポンス改善方法
ST0109017TCP/IP プロトコルの使用
ST0109016サーバ起動時のトラブルシューティング
ST0108015SQL Anywhere Javaツールの インテル Pentium 4での動作
ST0107014SQL RemoteでSMTP接続ダイアログを表示させたくない場合の設定方法
ST0107013SQL RemoteでFTP接続ダイアログを表示させたくない場合の設定方法<
ST0106012SQLRemote 設定(WindowsCE/FILE共有)での注意点
ST0105011日本語の曜日名取得
ST0105010JAVAのストアド・プロシージャとストアド・ファンクションの利用
ST0105009VIEWを使用したセキュリティー設定
ST0104008ログファイルの参照方法
ST0104007データのバックアップの方法
ST0104006サーバがV6,クライアントがV5のように同一システムでVERSIONの混在
ST0104005ネットワークのポート番号の確認方法
ST0104004データを別のマシンへ移行する方法
ST0104003SQL Remoteで使用しているメッセージ制御パラメータの設定(メールアドレス等)の変更
ST0104002SQL Remote のログから異常を判断するためのキーワード
ST0104001接続中のDBのページサイズを取得する